読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まりぴよこのブログ

日々の日記。技術ネタでまとまりきってないものの記録、伝わる文章の書き方を練習とか。

Rails routesを書く時の注意点(超基本)

routes.rbを書く時

基本形 (Scaffold準拠にルーティングを追加するとき)

単数なのか複数なのか、注意すること。

  • resource
  • resources

複数形リソース

一番基本形 (resources) キーワード、リソース名ともに複数

使用例:

resources :products

生成されるパス

Scaffold基本形と完全一致(7つ)

      Prefix Verb   URI Pattern                  Controller#Action
    products GET    /products(.:format)          products#index
             POST   /products(.:format)          products#create
 new_product GET    /products/new(.:format)      products#new
edit_product GET    /products/:id/edit(.:format) products#edit
     product GET    /products/:id(.:format)      products#show
             PATCH  /products/:id(.:format)      products#update
             PUT    /products/:id(.:format)      products#update
             DELETE /products/:id(.:format)      products#destroy

単数形リソース

どういう時に単数形リソースを使うかの参照記事 Rails のルーティング | Rails ガイド

場合によっては、ユーザーがページを表示する時にidを参照することのないリソースが使用されることがあります。たとえば、/profileでは常に「現在ログインしているユーザー自身」のプロファイルを表示し、他のユーザーidを参照する必要がないとします。このような場合には、単数形リソース (singular resource) を使用してshowアクションに (/profile/:idではなく) /profileを割り当てることができます。

使用例:

resource :profile

生成されるパス (index は生成されない) :idもない

      Prefix Verb   URI Pattern             Controller#Action
     product POST   /product(.:format)      products#create
 new_product GET    /product/new(.:format)  products#new
edit_product GET    /product/edit(.:format) products#edit
             GET    /product(.:format)      products#show
             PATCH  /product(.:format)      products#update
             PUT    /product(.:format)      products#update
             DELETE /product(.:format)      products#destroy
        page GET    /pages/*id              high_voltage/pages#show

単語の単数形複数形に注意

resource :products とかやると、意味がわかりにくいので注意。 id指定なしでアクセスできる単数形リソースを作ろうとしている時は、リソース名も単数形にした方がいい。

Scafolldと同じrouting書こうと思ってたのに、何故かindexアクションが生成されてない!?と思ったら、ウッカリ resouce (s忘れ)してないかチェックすること。