読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まりぴよこのブログ

日々の日記。技術ネタでまとまりきってないものの記録、伝わる文章の書き方を練習とか。

Ruby Koans で学ぶ String

Stringはわかってるだろ・・とタカをくくってました;;

%記法

通常のダブル・シングルクオートで囲むのが難しい(そいつらが大量に出てくる文字列等)のために、別の記号でクオートできる方法があった。

a = %(flexible quotes can handle both ' and " characters)
b = %!flexible quotes can handle both ' and " characters!
c = %{flexible quotes can handle both ' and " characters}

%の後に置いた記号のペアで囲まれた箇所を、Stringオブジェクトにしてくれる記法。

英語では"flexible quotes"、日本語では%記法と呼ぶらしい。

%記法は複数行になってもよい

long_string = %{
It was the best of times,
It was the worst of times.
}
  • long_string.length => 全部の文字数取得
  • long_string.lines => 各行を文字列の配列で取得
  • long_string.lines.count => 3行
  • 一文字目は改行文字

ヒアドキュメントと似てるけど・・違いは

  • %記法で複数行の場合、%{の行から1行目になる
  • ヒアドキュメントの場合、開始ラベルの次の行が1行目になる
long_string = <<EOS
It was the best of times,
It was the worst of times.
EOS
  • long_string.lines.count => 2行
  • 一文字目は"I"

文字列の連結方法

+で連結

+連結は非破壊的

original_string = "Hello, "
hi = original_string
there = "World"
hi += there
assert_equal "Hello, ", original_string

original_stringそのまま。

<<で連結

<<連結は破壊的

original_string = "Hello, "
hi = original_string
there = "World"
hi << there
assert_equal "Hello, World", original_string

original_string連結後の文字列になってる。

Question : +より<<が好まれる傾向があるけど、何故か?

コレ、詳しい。

qiita.com

<<の場合元の文字列のメモリサイズが、文字を連結しても大丈夫ならばそのままつっこむ。らしい。 メモリを新たに確保していないので、元の文字列に破壊的に操作していくことになる。

なるほど〜

文字列の分割

  • split デフォルトでスペース分割
string = "Sausage Egg Cheese"
words = string.split
assert_equal ["Sausage", "Egg", "Cheese"], words

例:コロンで分割

words = string.split(/:/)

文字列の比較

  • ==比較では文字列の字面で比較
  • 別々の文字列リテラルの場合、object_idは別々